家づくりのこだわり

真の快適さを目指したエバーフィールドの家づくり

エバーフィールドは長期優良住宅ZEH仕様(UA値0.5以下、R0値30%以上)を標準としています。
次に目指すのが、2050年の基準になると予想されているLCCM(ライフサークルカーボンマイナス)住宅です。
しかし、エバーフィールドが本当に目指しているのは、数値の上での性能より体が感じる快適さです。

 

家づくりのこだわり エバーフィールド

①デコスドライ工法

次世代省エネ基準適合断熱材性能を最大限に引き出す “デコスドライ工法” で断熱等性能等級4を獲得!さらに優れた調湿・防音性も発揮。環境に配慮したリサイクル木質繊維系断熱材も使用して環境にも配慮しています。


②SAMOSⅡ-H(アルコンガス入り)

カマチと複層ガラスの一体化を実現した画期的な新構造。ガラス面積が広く断熱性が飛躍的に向上しフレームデザインもスリムで、見た目の美しさも追及しています。


③さわやかFCボード

化学吸着成分がホルムアルデヒドを分解して無害化。再放出もさせません。基材に混合された稚内珪藻土が強力な調湿機能を半永久的に発揮します。


④デュポンタイベックシルバー

強靭なポリエチレン不繊布を基材とし独自遮熱工法により、夏は涼しく冬は暖かい快適性を実現。さらに結露を防ぎ、住まいの耐久性にもこだわっています。


⑤キュアーフレーム工法

薬剤不使用の無毒性防蟻・防腐剤「ヘルスコ・キュアー」や木炭を液状化した機能性塗料「ヘルスコート」を採用。損保付き保証なので安心です。

 

■2016年度(H28年度)実績報告

■今後の目標

ZEHZERO ENERGY HOUSE)とは・・・?

簡単に言うと一次エネルギーの年間消費量より、太陽光発電などで創出したエネルギー量が多くなる住宅のこと。地球温暖化が叫ばれ、もはや私たち個人が積極的CO₂削減に取り組まなくてはなりません。政府もその一環として2030年には新築住宅のZEH化を目指し、これからほとんどがそのZEHになっていくのです。

top03

 

快適性

・人にやさしい木の住まい
・バリアフリーに配慮
・防音対策
・省エネルギー対策
・環境に優しい住まい

安全・健康

・耐震、耐風対策
・ホルムアルデヒド対策
・劣化対策
・防犯対策

技術力・提案力

・高断熱、高耐震住宅
・自由設計
・長期優良住宅
・狭小敷地対応
・OMソーラー

保証・保険体制

・JIO加盟
(日本住宅保証検査機構)
・OM総合保障加盟

ZEHゼロエネルギーハウス

LCCMLife Cycle Carbon Minus)住宅とは・・・?

LCCM住宅を実現するためには以下の4項目が必要になってきます。

①シェルターの高性能化と可変性を実現する。
②エネルギー利用の効率化(冷房・暖房・給湯など)を実現する。
③住宅自身でエネルギーを生産する。
④運用段階だけでなく建設段階も対象としてライフサイクルにわたるCO₂排出を削減する。

一般社団法人 日本サステナブル建築協会(JSBC)資料より抜粋

①は住宅の断熱性を高め、かつ開口部などの可変性を確保して高い基本性能を確保するものです。

②は高効率の設備機器の採用などでエネルギー利用を効率化するものです。

③は太陽光発電などのエネルギー生産です。

④は建設時のCO₂排出量をできるだけ少なくすることです。

①~④をクリアするためには建設時の材料選択と適切なメンテナンスによる建物の長寿命化が重要な要素になり、究極の省CO₂住宅として環境及び居住性を考えた住宅といえます。

 

いずれ迎える2050年に向けて、エバーフィールドでは出来る限りの努力をしています。

  • 再生可能な断熱材を使う・・・セルローズファイバー(デコスドライ工法)
  • 外壁材を産業廃棄物とはせず、リサイクルに回す・・・ニチハ・ケミューの2大メーカーとリサイクル契約をする。(熊本県の住宅メーカー・工務店で唯一の契約。)
  • できるだけ天然素材を使用する。

お客様のためのお客様だけの家づくり

お客様が当社に来た目的は、住みよい家・快適な家・お洒落な家を建てる為ですか?住みよい生活・快適な生活・デザインに喜びがある生活を送る為ですか?

住みやすく、快適な生活を実現するためには基本性能の良さの他に、生活環境に合ったお客様のためのプランニング・家作りが必要です。

お客様一人一人のお顔が違うように当社の注文住宅は一つとして同じプランニングは有りません。

当社は、お客様にお引き渡した後、心豊かに日々お過ごしいただく為の家作りを目指しています。

 

呼吸して生きている家

お客様は高断熱・高気密の意味を本当にご存知でしょうか?

高断熱と高気密はセットではありません。高断熱(温熱等級4等級)を求めるため高気密にしている断熱工法がほとんどです。

木材は伐採しても呼吸をし生き続けています。その木材を主要構造材に用いている木造住宅が空気が通わない構造で良いのでしょうか?当社採用のデコスドライ工法は、高気密のための気密シート無しで温熱等級4等級を達成し、調湿性能がある数少ない断熱工法で、20年間の躯体内結露も保障しています。

当社では、その調湿性能を最大限に生かすために、ホルムアルデヒドを吸着分解し通気するボード【さわやかFCボード】。高断熱材の弱点である熱をためやすい性質を解消するために、透湿防水シート業界初20年保障で謝熱効果に優れた【タイベックシルバー】。床下も室内と同じ環境にとの思いで基礎断熱を採用していますが、その際床下の空気が室内に上昇するため備長炭を原料とした防蟻材【ヘルスコキュア】を採用しました。その結果、基礎コンクリートの風化を抑え、床下の空気を消臭・調湿してくれる効果も与えてくれています。

このように、当社はなるべく自然な換気の中での快適な高断熱住宅をどう作るかを日々勉強・研究した結果、同じ温度なのに空調設備(エアコン等)を必要としない、快適な生活空間を作ることが出来ました。

※当社で建築されたお客様の一例ですが、42坪平屋で5人家族の一年間の光熱費(オール電化)が78,000円でした。(九州電力の請求書確認)

エバーフィールド社長ブログ

エバーフィールドスタッフブログ

エバーファーム日記

エバーフィールド

エバーフィールド

PAGE TOP